• 弁護士向けの電話代行の特徴

    弁護士向けにサービスを提供している電話代行業者が存在しています。


    電話代行業者のサービス内容は、主に電話の取次ぎや、不在時に伝言を預かることですが、弁護士向けに専門のサービスを提供している業者が存在することには意味があります。

    それは、弁護士向けにかかってくる電話には専門用語が飛び交うため、それについて知っておかなければスムーズなやり取りができません。
    また、知っておかなければ意味が分からない話もあります。

    そのため、専門的な知識を持ったスタッフが対応する電話代行業者が存在しています。



    このような業者を使うのは、主に一人で活動する方です。
    大きな総合法律事務所であれば、所属する弁護士の数も多く、事務所スタッフの数も充実しています。

    そのため、わざわざ代行業者を利用する必要はありません。
    しかし、独立して一人だけで仕事をしている場合、事務所を留守にしがちになってしまいます。



    仕事がら裁判所へ行ったり、クライアントと打ち合わせをしたり、証拠を集めて回ったりと、やらなければならないことが多いからです。



    その間に重要な連絡がかかってくることも当然あります。
    それに対応できなければ、法律事務所としては安定して仕事を依頼して稼ぐことができません。

    そこで、電話代行サービスが活用されます。

    これを活用するメリットはほかに、人件費がかからないことが挙げられます。


    事務員を一人雇うのと比べると、かなりコストは低く利用できます。